「鴉は群で飛ぶ
 鷲一人で飛ぶ」
 ルキノ・ヴィスコンティ
ルイスプラLuis Pla

鷲は飛ぶ 天国にいと近く

ペンがついに 数行を引掻いていき

ひとつの詩が来るのを 待ち

まだ その感覚を いぶかり

題名も 考えられない

孤独な 詩人のように

原作
ジャーメイン・ドルーゲンブロートGermain Droogenbroodt
原題
Eagle
日本語翻訳
すみくらまりこMariko Sumikura
ツイッター フェイスブック メールで転送 メルマガ購読登録