2017年5月の詩

詩のカテゴリ:

ツイッター フェイスブック メールで転送 メルマガ購読登録

彫刻
マリー ポール デヴィル シャブロルMarie-Paule Deville-Chabrolle

ことば

その時その時に 愛は特有の ことばを持つ 例えば、私の肩に寄り添う あなたのこめかみの柔らかい軽さや あなたのドレスが滑り落ちる その速さ

原作
ホセ ルイス リコJosé Luis Rico、スペイン(1950)
原題
Lenguaje
出典
Un niño con un reloj a cuestas』、Editorial Eléctrico Romance2017
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

ある歌

行かないで欲しいかのように 私の足元に降着するまで 川や人々の流れを越え いくつもの寺や城を通り過ぎ 民主制のように飛ぶための 羽を欲しがる私の思想を ついばむ鳥達に 何を言いましょう

原作
ハット・フィッシャーHatto Fischer、ドイツ(1945)
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

でも私にはわかる

かつて蝶であったのかな

産まれる前 木であったか          星であったか

もう忘れてしまった

でもわかることは かつてそうであったように   未来にも私は存在する

永遠の中の 瞬きの一瞬に

原作
ローゼ・アウスレンダーRose Ausländer(1901–1988)
原題
Aber ich weiß
詩人の誕生日記念の詩
出典
『Mein Atem heißt jetzt』、Fischer Verlag、フランクフルト・アム・マイン
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

詩心

詩心は 家に窓があるように 自然的

窓硝子のように 人工的

窓の向こう側の世界のように 偶発的

科学のように 論理的

知識獲得と 喪失の 接点にあるようだ

原作
ヴィアチェスラフ・クプリヤノブ/ ロシアВячеслав Куприянов、ロシア
原題
Poetry
日本語翻訳
リボアル菜巳乃
ツイッター フェイスブック メールで転送 メルマガ購読登録