友人へ、読者の方へ、
イタリアから戻りました。私のお気に入りのコモ湖で新しい幾つかの詩を書きあげ、最新詩集『一年草の花時間』を立ち上げました。新しい詩の一つをお届けいたします。どうぞお楽しみください。詩的な挨拶とともに
ジャーメイン
イタカの夜明け
撮影:ジャーメイン・ドルーゲンブロートGermain Droogenbroodt

我家へ

リリアンへ

手が どれほど寂しいか 心が どれほど思慕しているか 不意に気づく時

意識的だったのかどうか  置き去りにした 場所や時間に どう帰ろう

原作
ジャーメイン・ドルーゲンブロートGermain Droogenbroodt
原題
Homewards
ポグナナ、コモ湖、イタリア、2016年5月29日
日本語翻訳
リボアル菜巳乃
ツイッター フェイスブック メールで転送 メルマガ購読登録