2017年7月の詩

詩のカテゴリ:

ツイッター フェイスブック メールで転送 メルマガ購読登録

撮影:ジャーメイン・ドルーゲンブロートGermain Droogenbroodt

今は

ピーター・ヘルトリング氏を悼んで

今は、私の物語に 文章はもう 舞い降りない。 今は話し、今は 自ら呼吸する、 今は、私から 消え去る世界に、今は 私は存在する、 己を忘れ、 今は青ざめる かつての文章 今は、捨てられる名前 そしてもう 今は存在しない

原作
ピーター・ヘルトリングPeter Härtling、ドイツ(1933–2017.07.10)
原題
Jetzt
出典
Das Land, das ich erdachte : Gedichte 1990–1993』、Radius Verlag
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

撮影:ジャーメイン・ドルーゲンブロートGermain Droogenbroodt

君の笑顔は 庭全体を輝かせるなんて もちろん大げさだけど 本当に見たんだ 君が近づき 一つ花が咲いたのを

原作
ウィリアム・マーWilliam Marr、台湾(1938)
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

オットー・ミューラーOtto Mueller

素肌を目覚めさせ 繰り返し満たすその接触で 生き返らせるその言葉を 君は気にいるでしょう

瞳に瞳を感じられること 腕に腕を感じられること 灰色のアスファルトの道を 昼の疲れた光の中歩くこと

それぞれの夜明けに戻り 記憶の差の間の失われた瞬間を見つける それらの旅行の繰返しを気にいるでしょう

それぞれの瞬間の呼吸を感じさせ 呼吸するその空間に入らせるその言葉を 君は気にいるでしょう

原作
テレサ・パスカルTeresa Pasqual、スペイン
出典
Les Hores
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

夜に書く

昼のうちに 心に落ちた詩を 夕刻に書く。 道を歩く 人々の詩。 船乗りと 売春婦の詩。 正午の広場での 犬の詩。 生きることの 石、パン、団結の しがらみが 夜に重くのしかかる。 そして、 労働者の手に書く そして恋人たちの 瞳について書く。 そして、夕刻に、太陽の下に 雨の日に書く。 そして、書く。

原作
ホセ・エドゥアルド・デグラジアJosé Eduardo Degrazia、ブラジル
原題
Eu escrevo na noite
日本語翻訳
リボアル菜巳乃

浪費もしくは小さな偽り

細かく引き裂かれあまりに無駄な 塩で焦がした数え切れない日々、 その直後の永久的な写真、 もし遅すぎなければ、 私の体内の状態を推測できた 私の身体の刺青は異国の地の太陽の様に輝く。 浴室の死んだ幾つもの星 海の底の棘を探しに行き あなたを許してあげられた。 無限を断ち切り、壁に貼付け、 待ち、惑星たちがぶつかり合う事を願えた。

そしてなんでもない事で壊れた この些細な事にどれだけ犠牲を払ったのか あなたへ電話して伝えられた。

原作
ローラ・ヤサンLaura Yasan、アルゼンチン(1960)
原題
Gastos inútiles o mínimas estafas
日本語翻訳
リボアル菜巳乃
ツイッター フェイスブック メールで転送 メルマガ購読登録